休みたい時に休み、働きたい時に働く方法

こんにちは、デジタル販促マーケッターのまちゃことオーティアットの平松です

すでに仕事始めの方もいらっしゃると思いますが、僕はまだお休み中です

毎年年末は1ヶ月弱仕事をしません

厳密に言うとセミナーやコンサルの仕事はしてないという意味でSNS発信は止めてません

だって、SNS発信は株式会社オーティアットRCにとって最重要販促活動だからです

なのでこの時期は、SNSを使っての2018年の仕事のオーダー取りの時期なんです

最近セミナー案内が多いなぁ〜と思っていた方ごめんなさい(ペコリ)

売り込んではいけないですが、売り込まなきゃいけない時期もあります

1年中で僕が売り込むのはこの時期ぐらいにしています

あとはSNSをフル活用してご縁があって繋がった方に忘れなれないように発信したり、役立つ発信や楽しく面白い発信を意識しています

あっ!話は戻りますが、今日は朝から長女とソフトバンクに行って50GBプランの手続きをしたり、郵便局に行ったり、1月10日の福岡イベントで使う材料を調達に行ったりたりしましたが、メインイベントはコレ!

待ちに待った映画【キングスマン ゴールデン・サークル】の公開日だったんです!

最近は見たい映画は公開日に観ていますが、それもこの仕事だからできること

1作目で有名なバーファイトのシーン

コレを予告で見て本編を観ましたが、僕の中ではトップ5に入る映画です

その期待の続編の感想は…ネタバレになるので書きませんが、意表を突かれるスピーディーな展開に興奮しっぱなしの2時間でした

もし興味が出た人はぜひ観に行ってみて下さいね

でタイトル書いた『休みたい時に休み、働きたい時に働く方法』

ですが… 僕が実際にやったことはブログとFacebookをフル活用して良質な見込み客作りの

活動を地道に10年間続けてきたからだと思います

そして自分の日常のリアルを伝えることを継続してきたからだと思います

例えば、僕が平日の昼間に次女と一緒にディズニーランドに遊びに行っているという発信をしたとします

その時に「なんだよ!人が働いている時に遊びに行きやがって!」という人は

僕のお客さんには誰もいません!

僕が日頃出張が多くて、なかなか家族と会える時間が少ないことを知っているからです

なので「家族との時間楽しんでくださーい」と優しいFacebookコメントをいつも頂いています

仕事とプライベートの境目がない発信の継続がエクスマ流SNS発信だと僕は解釈しています

そして

僕の人生を変えた藤村師匠のコトバ

『こちらの情報の出し方で顧客は変わるよ』

すべてはこの一言に尽きるかと思います

そして毎日いろんなところに行って、好きな時に休んでいいですね〜と言われいますが、

働かないとお金は入ってこないんです!

僕の仕事は美容室がメインなので基本年末年始は忙しくて相手にしてくれません(苦笑)

起業してすぐはそれがわからずに毎年年末は不安になっていました

リスクがない自由は無い!

僕のようにフリーランスで仕事をやっている人たちはみんなリスクを背負っています

ここを覚悟して行動した人だけが成果を出していらっしゃる気がします

1年のうちの数日も予定を開けれらないギリギリで自分を擦り減らす仕事ではどんどん疲弊してしまいます

その現状を打開したり、具体的に行動を変化されることにまちゃセミナーはお役に立てていると思います

差し当たって『休みたい時に休み、働きたい時に働く』

そのためには顧客とSNSとアナログを活用して今まで以上にコミュニケーションして関係性を深めることがやるべき行動の第一歩だと思います

そうは言いつつも…マジでお金が無くなってきたので明日からデスクワークを含め本格的に活動しますよーーーー!(笑)


マジで2018年はちゃんとSNS勉強しよー!

【2018年受講可能なまちゃセミナー】でお待ちしていまーす

The following two tabs change content below.
デジタル販促マーケッター・マーケティングコンサルタント 株式会社オーティアットRC 代表取締役 平松泰人 ニックネーム:まちゃ 2008年9月オーティアットRC設立 全国の中小規模店舗の集客・販促の仕組み作りを実践し年間260回の講演・セミナー・コンサルティングでSNSやスマホが苦手なSNS初心者さんたちが楽しく初めてもらう講座が好評! 最新書籍【まちゃのデジタル販促読本(改)】を発売中 美容室向けの情報は【販促の教科書】でブログを検索! エクスペリエンスマーケティングエヴァンジェリスト
facebook twitter google このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする