SNSでの見込み客作りは開業半年前から準備しよう!

こんにちは、実は新規開業集客コンサルも得意な デジアナ販促マーケッターのまちゃことオーティアットの平松です

既存の店舗や会社の販促サポートのお手伝いもしていますが、実はこの10年で新規開業集客のお手伝いもたくさんやらせて頂きました

そんな事例の中で先日長崎でSNS活用セミナーを主催してくれた美容室ステラの永尾夫婦をご紹介したいのですが、ステラさんの場合は独立開業が決まった半年前から集客の準備をしました

コストをかけずに集客する販促のシナリオ

新規開業には様々な理由があると思いますが、永尾さんの場合は前にお勤めの美容室からの独立

なので、今回は前に勤めていた会社の売上を下げないで独立するという条件がありました

その条件をクリアすべく僕がアドバイスしたことは

① 現店舗のお客さんは前美容室の美容師さんに引き継ぐ

② フリーペーパーは使用しない

③ 同じ商品は取り扱わない

これを前にお勤めの美容室オーナーに伝えてもらいました

正直言って美容室の独立のセオリーとは真逆の方法でしたが、僕にはそれでも集客できる販促のシナリオをちゃんと考えていました

それは店舗の立地を最大限に活かしてブログをメインにした集客のシナリオです

美容室ステラの立地は浜の町という繁華街に続く坂道の途中

朝と夕方に徒歩で通勤・通学する人を対象者に販促活動しました

そのためにやったのが、店舗のガラス面に付けた『長崎 万才町 ステラ』で検索という表示

あとはアメブロを立ち上げてお店が開業するまでのストーリーとお二人の人柄を伝えてもらうために記事の書きだめをしてもらいました

そして元々Facebookで繋がっていた地元の友達や知り合い向けての発信

個人のLINEのタイムラインも活用しました

あと使った販促物はブログ誘導型名刺ぐらいです

毎日ブログを書いてひたすらアドバイスを継続した結果、プレオープンではもう予約いっぱい

最高のスタートを切ることができ、業績はいまだに絶好調です

店舗前に面白黒板を設置、さらにツイッターも活用して #看板同盟 で発信したことでツイッターからの新規顧客も最近増えてきています

ブログで見える化が安心感を高める

2階という立地は外から見えないのでその負の部分を解決するためにブログで見る化したんです

人は知らないものに恐怖を感じます

裏を返せば情報があれば安心感が高まるということ

人柄がいいお二人なので素直に行動してくれて、仲良く楽しく好きなお客さんとだけお仕事するという状況を自分たちの行動で手に入れてくれたんです

僕はあくまでもサポートしかできません

やっぱり覚悟を持って行動するからこそ結果が出たんです

ビジネスブログ発信ですごく大事なポイント

ステラさんのブログにはたくさんの笑顔のお客さんが登場します

それって一番伝わりませんか?

やっていることや人の気配や賑わい感が見えることはビジネスブログ発信ですごく大事なポイントです

もしこれから起業しようと考えている方はまずはブログから開始することをオススメします

店舗をオープンしてからではもう遅い!

少なくとも半年前から準備して欲しいです

なのでオーティアットの新規開業集客サポートは開業前の半年と開業後の半年の1年間でサポートさせて頂いています

新規開業時の販促費として予算を組んでご依頼くださいね

そんな実績があったからかもしれませんが、2019年最初のお仕事は長崎地域雇用創造協議会からこんなお仕事頂きました

NAGASAKI☆創業応援塾

すでに僕担当のセミナーは満席のようなので、2019年初回セミナー気合い入れてやりますよーーー!


お仕事のご依頼は僕とFacebookで繋がっている方はメッセンジャーで

→ https://www.facebook.com/taito.hiramatsu

それ以外の方は問合せフォームからご連絡ください

【お問合わせ・講演・コンサル依頼】

The following two tabs change content below.
平松 泰人(まちゃ)
デジアナ販促マーケッター・マーケティングコンサルタント 株式会社オーティアットRC 代表取締役 平松泰人 ニックネーム:まちゃ 2008年9月オーティアットRC設立 全国の中小規模店舗の集客・販促の仕組み作りを実践し年間250回の講演・セミナー・コンサルティングでSNSやスマホが苦手なSNS初心者さんたちが楽しく初めてもらう講座が好評! 最新書籍【まちゃのデジタル販促読本G(グレート)】を発売中 美容室向けの情報は【販促の教科書】でブログを検索! エクスペリエンスマーケティングエヴァンジェリスト
facebook twitter google このエントリーをはてなブックマークに追加